トップページへ戻る

審判の要領(国際競技規則―ダブルス 抜粋)

審判の判定区分.jpg

【1】はじめに

①選手が試合をスムーズに進行できるように、競技規則をしっかりと覚え、正しくはっきりとした判定を心がけて下さい。

②大きな声(コール)で、はっきりとしたサインを出すこと。声が聞こえないとカウント間違いなどトラブルの原因になる。

③正審・副審が、それぞれのジャッジ(判定)を正確に行い、協力して審判にあたってください。(右図参照)

【2】競技開始まで

①ジャッジペーパー(採点表)を見ながら、対戦相手が間違いないかどうか、学校名、選手名をしっかり確認してください。

②トスの勝者は、サービス、レシーブ、またはサイドのいずれかを選ぶことができます。敗者は、残りのいずれかを選びます。

【3】試合中は

①アンパイヤー(審判員)は、「イン」のボールに対しては原則としてサインは出しません。ただし、プレーヤーが判断に迷うと思われるようなきわどいボールには、サインを出してもよい。(サーブが入ったときに「イン」などとコールするのは誤りです)

②ボール(またはボールの跡)が、ラインに少しでもかかっていたら「イン」です。

③ライン際のきわどいボールは、「イン」としてプレーを続け、プレーが止まってからボールの跡などを確かめます。プレーヤーもはっきりと「アウト」などのコールがあるまでは、プレーを続けることが大事です。

④誤った判定をしてしまった時は、「ノーカウント」とし、その時のポイントは採点しないでファーストサービスからやり直します。

⑤ライン上のボールは、判定区分による審判の判定を優先しますが、最終的には正審が決定します。この際、異議の申し立てをしたプレーヤーや監督は判定に参加しては(させては)いけません。

⑥判定区分ではない所にはサインなどはだしません。(ベースラインの判定に副審はサインを出さない)

⑦サービスの順序を間違えたまま試合を続けていて途中で間違いに気づいた時は、次のサービスから正しい順序に訂正します。ただし、それまでのカウントは有効です。

⑧サインはプレーが行われている時に、判定のたびに出します。(副審が「イン」のサインを出し続けるなどは誤りです)

⑨特に、ファイナルゲームのサーブ、レシーブ、サイドチェンジに気をつけましょう。

⑩ジャッジに対する質問は、団体戦はプレーヤーと監督、個人戦はプレーヤーにその権利がありますが,意義を申し立てることはできません。違反した場合は,警告(イエローカード)。

【4】試合終了

①正審が「ゲームセット」をコールし、「○対△で◇組の勝ち」のように勝敗を確認して挨拶します。

②挨拶が終わった後は異議を受け付けることはできません。

【5】シード順

around

【6】リーグ戦の試合順

①3組の場合  1-2、2-3、1-3 (第2試合は第1試合の敗者と残りの組が対戦する方法もある)

②4組の場合  1-2、3-4、1-3、2-4、2-3、1-4

③5組の場合  1-2、3-4、2-5、1-3、4-5、2-3、1-4、3-5、2-4、1-5

④6組の場合  1-2、3-4、5-6、1-3、2-5、4-6、3-5、2-6、1-4、3-6、2-4、1-5、2-3、4-5、1-6

【7】リーグ戦の勝敗と順位の決定(第42条(4))

―下記でも決まらないときは大会本部が適当な方法で決める

◆勝率の高い順に順位を決める。勝率が同じ場合は、次のア、イ、ウにより順位を決める。

ア 二者同率の場合は、対戦の勝者を優位とする。

イ 同率者が三以上の場合は同率者相互のみの成績を比較し、勝率の高い順に順位を決める。

ウ 上記ア、イで順位を決めることができない場合は、同率者相互のみの比較により

・個人戦においては、第1に得・失ゲーム差の大きい組、第2に得・失ゲーム差の大きい組

・団体戦においては、第1に勝ち負け組差の大きいチーム、第2に合計得・失ゲーム差の大きいチーム、第3に合計得・失ポイント差の大きいチーム

添付ファイル: file審判の判定区分.jpg 819件 [詳細] fileシード順.jpg 560件 [詳細]