トップページへ戻る

審判の主なコールや用語

レディ(ready)
―マッチ開始前の練習をやめさせ、プレーヤーに位置につかせる。

セブン(ファイブ)ゲーム マッチ プレイボール(seven-game match play ball)
―マッチ開始のコール  ※ゲームズ(複数形)ではない。

レット(let)
―ボールがネットに触れて、サービスコートに入るなど第26条に該当する時で、そのサービスはやり直す。この場合、正審は「レット」のあとに「ツー(ワン) モア サービス」とコールする。

フォールト(fault)
―決められた場所にサービスが入らなかった時で、そのサービスは無効である。

フット フォールト(foot fault)
―サービス終了前に決まったサービス位置から出てサーブした時

ダブル フォールト(double fault)
―第一、第二サービスがともにフォールととなった場合で、1ポイントを失う。

アウト(out)
―打球がアウトコートにバウンドした場合、あるいは審判台、アンパイヤーに直接あたった場合。失ポイント。

ダイレクト(direct)
―サービスボールがノーバウンドでレシーバーの身体、着衣、ラケットに当たった場合など。レシーバーの失ポイント。打たれたボールをアウトコートでノーバウンドでラケットでとめた場合。ただし有効返球できれば,プレーは続けられる。

ノー カウント(no count)
―何らかの事故で、そのポイントを採点しないでファーストサービスからやり直す時。

タイム(time)
―何らかの理由でプレーを中断する場合。

ノー タイム(no time)
―タイムが終わってプレーを再開する時。

ネット タッチ(net touch)
―インプレーで体や着衣がネットやネットポストに触れた場合。

ネット オーバー(net over)
―インプレーでラケットや身体などがネットを越えた場合など。

ボディー タッチ(body touch)
―インプレーのボールが身体などに触れた場合。失ポイント。

チップ(tip)
―ボールがラケットのフレームに触れ、返球できなかった場合。失ポイント。

ツウ バウンズ(two bounds)
―2度以上バウンドしたボールを打った場合。失ポイント。

ドリブル(dribble)―打球する時、2度以上ラケットにあたった場合。インプレーの時は失ポイント。サービスの時は、フォールト。

デュース(deuce)
―双方が3ポイントずつ得た時。(ファイナルゲームの時は6ポイント)※「デュース」とだけコールする。「スリーオール(シックスオール)デュース」とは言わない。

アドバンテージ サーバー(レシーバー)(advantage server(receiver))
―デュース後に1ポイントずつ得た時。

デュース アゲイン(deuce again)
―アドバンテージを得た組が次のポイントを連取できずに、(相手がポイントを得て)同ポイントになった時。

ゲーム(game)
―ゲームが終了した時。 ※「ゲーム オーバー」とは言わない。

チェンジ サイズ(change sides)、チェンジ サービス(change service)
―コートとサービスまたは、サービスだけを変える時のコール。 ※ 「チェンジ サイド」(単数形)ではない。

ファイナル ゲーム(final game)
―最終ゲームであることをゲームカウントに続けてコールする。

ゲーム セット(game set)
―ゲームとともにマッチも終了した時。

レッツ プレイ(let's play)
―コーチを受ける時間が1分を超える時にプレー再開を命ずる。または、連続的にプレーすることを命ずる。

ローテーション チェンジ(rotation change)
―パートナーと交替することを命ずる。または、サービスコートの順序が間違っていることを知らせる。

コレクション(correction)
―正審がコールまたは、カウントを誤ったとき訂正するときに行うコール。